CloudStack要調査動作

不具合?


SSVMがStoppingの状態のままで数時間?


  • 環境
CS Ver: 4.3.1
HV OS: XenServer 6.2

  • 事象
システムを停止しようと、適当な順番でPOD、ゾーン、システムVM、ホストのメンテナンスモードをしていたら、SSVMがStoppingの状態のままずっと。1時間後くらいに復旧していた。。。

  • 原因
未調査

Live Migrationが5分以上かかる。

  • 環境
CS Ver: 4.3.1
HV OS: XenServer 6.2

  • 事象
普通にCloudStackからLMしただけ。5分近くかかったのでは。。。
XenCenterから実施しても同じくらいかかった。Xenの勉強が必要

  • 原因
未調査

Diskオファリングで何もディスク追加したくない場合のやりかた。


Diskオファリングで付与されるデータディスクが自動でVMにアタッチさせるやり方。


ISOからVM作るとXenにストレージリソースにゴミが残る件

例)i-2-34-VMがVMの内部名だとすると、i-2-34-VM-ISOでストレージリソースができてしまう。

仮想マシンをテンプレート化すると、udevがnetデバイスを見つける処理がされていない。しかし、ethの設定ファイルのMACアドレスやuuidが異なるということでNICがアップしない件について調査をする。


VPCではACLの設定は、allowになっているように見えるが、acl replaceでallowで上書きをしないと通信ができない。


DHCPサーバを仮想ルーターではなく外部ホストにした場合の動作


Webログインがもっさりする理由

あと、javaのwebアプリってどんなHTTPをしているの?

WS000000.JPG

HTTPじゃないTCPの中でバルク的にデータ転送がされている。それ自体HTTPとは認識されないようなやりとりってこと。json形式のデータをもらっているゆう。

  • 最終更新:2015-06-02 23:07:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード